どこに車は運ばれるのか

路上で車が故障してしまった時には、故障者がレッカーで移動された後には、ホッとして安心します。
しかし、その車がどこに運ばれていくのかご存知でしょうか。言われてみたら不思議に思った人も少なくないでしょう。
以下で挙げる場所の何処かに運ばれるケースがほとんどです。

最も運ばれる場所として多いのは、自走不可能な状態になった車の持ち主の家です。この場合、修理は後日しなければなりません。修理の際に業者まで持ち込むことが不可能であるため、引き取りを依頼する必要があります。
また引き取りや修理費用の問題が出てくる点には注意が必要です。

その他、警察が車を移動する場合は、指定の車両保管場所に移動させることがあります。消火栓の前に停まっている車、犯罪と関わっている可能性がある車など、危険性や緊急性が高い場合に車が移動されることが多いです。

家や警察が指定の車両保管場所に移す場合以外では、自動車整備工場や車検場に移動することが考えられます。車検の有効期限が切れている場合などに、この方法が選択されることが多いです。
尚、車検切れのケースでは役場で仮ナンバーを取得することにより、車検場までの走行が許可されるため、レッカー車を無理に依頼する必要はありません。